大腸の内視鏡検査

先日血便が出てしまい、以前に簡易的な検査の結果「痔」との事でした。そこで大腸の内視鏡検査を先生に勧められて検査をすることに。しかし予約したのが新潟シティマラソンの翌日。。。

予約してから、前日の食事制限があることを知りましたが、何とかなるだろうと思い検査日の予約はそのままにしました。

マラソン当日=検査前日は「おかゆ」か「素うどん」+飲み物(水・スポーツドリンク・薄いお茶)のみという事なので、朝食は塩むすび3個+味噌汁で挑みました。(おかゆではないですが…)
朝食はまぁ良いですが、完走後のエネルギー補給が大変でした。いつもであればたんぱく質(肉)+ラーメン(水分+ナトリウム)なのですが、今回は立ち食いソバでかけうどん(薬味無しの大盛)を2回食べました。。。辛い。肉食べたい。。。

当日の内視鏡検査ですが、腸の洗浄をするためにくそマズイ下剤1.3Lを時間をかけて少しずつ飲んでいきます。最初の一口目で大丈夫かと思いましたが途中から気分が悪くなってきます。しかしそれも少しずつ慣れてきてようやく2時間くらいかけて飲み干しました。
内視鏡よりもこれが一番つらかったです。ホントに。
そして腸内の泡を抑える薬品+水を500mL。
その後便の状態を見てさらにくそマズイ下剤を500mL。
ようやく腸が綺麗になったらしく検査GOサインが出ました。ここまでで4時間余り経過。

そしてようやく本題の検査です。
ケツの穴から内視鏡を入れ、盲腸(大腸の最深部)に到達するまでは時々痛みますが、到達後は内視鏡を抜きながらカメラで先生と一緒に大腸内を観察していきます。
結局途中に小さい(3ミリ程度)ポリープがありましたが、今は切除しなくても良いらしく、それ以外は異状なしとなりました。

血便が出た時は大腸がんの可能性もあると思い、少し落ち込みましたがようやく不安材料が消えました。

ところで最近話題の腸内フローラについて、腸内を洗浄した場合に腸内環境はその後どうなるのかと思い調べた所、一時的にはには変わりますが、結局検査前の自分の状態に戻るらしいです。
内視鏡検査…実は、洗浄しても変化なし
となるとやはりNHKでやっていたように腸内フローラを変えるには便移植しかないんですね。。。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください